Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
Recommend
Recommend
セクシァルヒーリング―愛の行動療法
セクシァルヒーリング―愛の行動療法 (JUGEMレビュー »)
アラン・P. ブロイアー,ドナ ブロイアー
妊娠するには、行為の質を深めることが役立つかもしれません。
Recommend
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操 (JUGEMレビュー »)
高岡 英夫, 三砂 ちづる
月経血を意志でコントロールして、トイレでまとめて排泄。
その方法論を学ぶテキストブック。
Recommend
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力 (JUGEMレビュー »)
三砂 ちづる
月経血はトイレで意志によって排泄。今から100年前まで行われていた女性の身体能力。
現代人でも練習すれば可能であり、可能になると生理前緊張症が改善したり、生理期間が3日程度で収まるなど、生殖器の機能が高まるとか。
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
冷え性 その4
外気温がさがってきた時には、代謝が上がり体温を多く生産するか、体温を逃さないよう保温機能が上がる必然があります。
 
さて、体温は主に筋肉で作れらますが、女性の場合には筋肉量が少ないと言われています。
また、実際にどのくらい筋肉を使っているかといえば、これも一般に女性の方が筋肉の活動量が少ないと思われます。
 
体温をあげるために代謝を上げたければ、やはり運動しなくては無理でしょう。
体を温める食べ物を食べてみても、その根本的な部分が抜けていては効果が上がりません。
 
実際に、当院に通院されている方の例ですが、その方は車で来院される時と、歩いて来院される時のパターンがあり、車でいらした時には足先が冷たいが、歩いていらした時にはとても温かい。
 
活動量が少ない生活をしているから、末端が冷たいというのは当然で、それを体質だけが原因のように考えるのは、いかがなものかと感じます。
 
 
posted by: haripo | 不妊症を考える | 13:57 | - | - |-
冷え性 その3
前回に述べたように、足が冷えていることが、体が冷えていることにならないというイメージが、なんとなく理解できたかと思います。
 
足から体温を放散しないことで、むしろ体を保温しているわけです。
よくいえば、省エネモードといえないこともない。
 
そういう道筋で考えてみると、冷えている部分を温めることには、あまり意味がないかも知れません。
 
さて、生殖器は代謝がさかんです。
代謝がさかんということは、生理的に「熱」もたくさん発生するでしょう。
男性の精巣が外部にあるのは、熱の放散に有利なためと言われています。
 
仮説として、構造が許されれば、女性の卵巣も男性の精巣のように、外部にある方が理想なのかもしれないが、そうは設計できなかったとしたとき、熱を逃がすシステムはどうあるべきか?
 
答えとしては、皮膚温をあげて放散量を増やすことでしょう。
 
つまり、下肢が冷えている人は、そのシステムが機能不全になっているかも知れないということにもなります。
 
「冷えている状況が、体温を放散するシステムの低下を示唆しているので悪い」ということで、それが本当の意味に近いような気がしますが、一般的には「足が冷えると下腹部が冷えているので悪い」といういわば逆のイメージになってしまっているのではないかと考えています。
 
 
posted by: haripo | 不妊症を考える | 16:06 | - | - |-
冷え性 その2
皮膚の重要な機能として、体の熱を放散する「ラジエター機能」が挙げられます。
運動して、代謝が上がれば皮膚温が上がり、熱を捨てます。
 
足が冷えているということがあったとして、それは体の冷えとイコールではありません。
むしろ、体温が冷えないように、末端の血流を減らし、体を保温していると考えることもできます。
 
極端な例として、ペンギンの足は冷たい。
極寒に住むペンギンの足がぽかぽかと温かったら、そこから体温がどんどん奪われ、凍死してしまうかも知れません。
ペンギンは、足の血流を抑えることで、体温を維持しています。
 
この原理は、人でも同じだと思います。
 
体温を維持しようとしたら、代謝をあげるか、代謝がそのままというのであれば、体温の放散を抑えるしかありません。
 
体温放散を抑えるシステムが「ON」になっていて、下肢が冷えるとしても、それは「深部保温できている」ことの裏返しに過ぎず、体全体が冷えていることの「証明」にはなりません。
posted by: haripo | 不妊症を考える | 14:24 | - | - |-
冷え性 その1
今回のお題は「冷え」です。
 
不妊の方の多くは「冷え」を気にしています。          
 
でも、なぜ冷えが悪いのでしょう。
答えは、「わかりません!」
といより、東洋医学でも、心底より納得できるような、うまい説明をしていません。
 
「冷えは悪い」とイメージで定義してる。
風潮として、そんな感じです。
 
冷えは環境的ストレスです。
「冷えている状態」は、ストレスにさらされた状態という事実をあらわしている。
そう言えないこともない。
 
ところが、みなさんが冷えという場合は、全身ではなく、部分的現象です。
手足とか腹部とか部分が冷たい。
 
体の一部分が冷えてなぜ悪いのか、数回にわたって考えてみたいと思います。
 
 
ここにサーモカメラでとった写真があります。
オレンジやそれより白っぽい所が温度が高く、紫の所が低い。さらに低いと青系の色になります。
 
この写真では、みぞおちと、下腹部に冷えているエリアがあります。



 
posted by: haripo | 不妊症を考える | 13:39 | - | - |-
パワースポット
パワースポットを考えて見ました。

私が思い浮かべるパワースポットは、たとえば「ディズニーランド」
楽しむために集まった人々の「よい気」や「明るい雰囲気」にあふれています。

そういう場所に身をおくことで、そのよい「気」に同調することで、元気になる。
まさにパワースポットだと思います。

そう考えると、お気に入りのアーティストのコンサート会場、舞台、美術館などもパワースポットになりえます。
パワースポットは万人に共通するものというよりも、皆さんそれぞれのものなのだと思います。

雑誌で紹介されているような、神社や場などが、本当にパワースポットかどうか怪しいところです。

以前、伊勢に行った時には、むしろ気分が悪い感じがした記憶があります。
それはおそらく、参拝の趣旨が、神様に「日頃の感謝」に訪れているのではなく、エゴを叶えてくれるようにと勝手なお願いをする、そういう「場」になってしまっているからかも知れません。


というような話しを患者さんとしていたら、その方が「私のパワースポットは、先生のところです」と、笑顔一杯に言っていだだきました。
お世辞でも嬉しいですが、治療をする場が「パワースポット」になっていなければ、どこか満足できない治療になってしまうのかも知れません。
posted by: haripo | 雑談 | 10:34 | - | - |-