Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
Recommend
セクシァルヒーリング―愛の行動療法
セクシァルヒーリング―愛の行動療法 (JUGEMレビュー »)
アラン・P. ブロイアー,ドナ ブロイアー
妊娠するには、行為の質を深めることが役立つかもしれません。
Recommend
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操 (JUGEMレビュー »)
高岡 英夫, 三砂 ちづる
月経血を意志でコントロールして、トイレでまとめて排泄。
その方法論を学ぶテキストブック。
Recommend
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力 (JUGEMレビュー »)
三砂 ちづる
月経血はトイレで意志によって排泄。今から100年前まで行われていた女性の身体能力。
現代人でも練習すれば可能であり、可能になると生理前緊張症が改善したり、生理期間が3日程度で収まるなど、生殖器の機能が高まるとか。
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ホメオパシー関連の報道から

 このブログでは、ルナバースデーやホメオパシーなど、「科学的ではない」といわれていることについても紹介しています。

それは、個人的にその方法を支持しているわけではなく、不妊に取り組むような時には、そんな「ファンタジー」があってもよいのではないかと考えているからです。
さして有害と思われないような事であれば、雑学的になんでも紹介するのが基本姿勢です。

ところで、最近報道などで、ホメオパシーについての事件(記事)がいくつか目に付きました。
長文ですので、ホメオパシーに興味がない方は読むことをお薦めしません。

ホメオパシー関連の事件について

助産師が民事賠償で訴えられる

助産院でビタミンK欠乏によって起こる頭蓋内出血予防のために効果が実証されているビタミンK2シロップを与えず、代わりにホメオパシーを与え新生児が頭蓋内出血死。遺族より訴訟が起こされた。

この事件の問題点は、ホメオパシーそのものではなく、助産師がホメオパシーに傾倒し、適切な「医療」を行わなかったことにあります。
確認しておきますが、ホメオパシーはあくまでも「ファンタジー」の世界であり、「医療」ではありません。

このような事例の他に、悪性リンパ腫と診断された方が、ホメオパシーに傾倒して病状が悪化して、死にいたった事例などが報道されています。
このようなことを「治療機会の逸失」と言いますが、医療を受けるべき時に医療を受けないことは有害な事例と考えられます。

ホメオパシーの効果は、科学的に否定されています。
ですから、命をかけるような深刻なケースにおいて試されるべきものではないと私も思います。
しかし、例えば日常的に便秘で、使うと「出る」と効果を自認する人が使うのは問題ないとも思います。

ホメオパシーを肯定する側と、非科学的で有害な存在と糾弾する側の意見は永遠にかみ合いません。
ホメオパシーを肯定する側の「科学」は、正統な科学者からみれば科学でもなんでもなく「エセ科学」であり、そこが「突っ込みどころ」になっているからです。

肯定側は、そもそも科学的という土俵で主張することが誤解の元だということに気づかなければなりません。


そういった意味で下記のブログの記事はとても面白いと思いました。

谷根千まち学
http://yanesenmachigaku.blog97.fc2.com/blog-entry-55.html

以下ブログの全文です。


6月9日、谷中コミュニティセンターで、玄明美さんをお呼びしてのホメオパシー勉強会が開かれ、子どもたちの見守り役として参加してきました。

勉強会の会場が小さな庭に面した和室だったため、子どもたちは、中で積み木やお絵描きをしたり外に出たりしてすごしました。お天気もよく、勉強会の後は、コミュニティセンターの前の初音の森でみんなでランチをしました。

さて、見守り隊のカテゴリの記事なのに子どもたちの話ではなくてなんですが、勉強会の話をそばで聞いていて考えたことを書こうと思います。


ホメオパシーというのは、植物、動物、鉱物から採った成分を、アボガドロ数以下に希釈して砂糖玉にしたもの(レメディ)を投与して、症状を緩和するという自然療法だそうです。病名に応じてレメディを選ぶのではなく、症状に応じてレメディを選ぶそうで、「これこれの症状のときには何々」というように、たくさんのレメディが用意されています。適切なレメディを選べば効果が出ますが、不適切なレメディを選べば変化はなく、副作用もないとされています。約200年前にドイツの医師ハーネマンが確立したそうです。

これから書くことは、ホメオパシーによる治療法に関することではなくて、ハーネマンの陰謀についてです。こんなことを書くのは、ホメオパシー実践者から見ればまったくもって野暮だろうと思うのですが、科学的な立場からの主張が、そこを理解していないように見えるので、あえて書こうと思うわけです。

様々な実験研究やそのメタ分析によれば、ホメオパシーにはプラセボ以上の有意な効果はないとされています。レメディは、原分子が残らないほどに希釈された砂糖玉なので、効果がないのも副作用がないのも当然のことでしょう。何か良い変化があったときには適切なレメディを選んだと解釈し、何も変化がなかったときには不適切なレメディを選んだと解釈するというふうに、因果関係を逆転させればよいだけのことです。

ここまでは科学的な立場の人々が指摘しているとおりです。しかし、科学的に効果がないことを主張することに、何の意味があるでしょう。科学的に効果があるとを信じて行っている人は、稀なのではないかと思います。それよりも、私は、ホメオパシーのすべては、自分の心身状態に自覚と責任を持たせるための、ハーネマンの陰謀だったのではないかと感じています。重要なのは、陰謀にはめられたかのように振舞うことです。

ホメオパシーの本質は、どのレメディがどの症状に効くかということではなく、自分の心身の健康を自分で判断し、自分で処遇を決め、自分の行動に責任を持つことだと私は理解しました。病名ではなく症状に応じたレメディが用意されているのも、レメディがたくさんあるのも、注意深く観察させ考えさせるためでしょう。また、ハーネマンは、複数のレメディを同時に取ることを禁止しています。これは、症状に十分な注意を向けることなく、むやみにレメディを使うことを避けるための仕掛けなのではないでしょうか。このハーネマンの陰謀は、治療の判断の少なくとも一部を一般人に任せるものであるため、レメディにプラセボ以上の効果があっては、むしろ危険です。そういうわけで、プラセボ以上の効果がない砂糖玉を投与することは理にかなっていると私は思います。

ところで、あらゆる意思決定には外部性が伴うものです。それはハーネマンの陰謀においても例外ではありません。ハーネマンは、「自分の心身の健康を自分で判断せよ」「自分で処遇を決めよ」「自分の行動に責任を持て」と主張するのではなく、ホメオパシーという言葉で、それをまさに砂糖玉に包みました。その意思決定が、今、ともするとハーネマンの期待とは全く逆の方向に作用しているかもしれません。現代医療を盲目的に否定し、ホメオパシーに盲目的に従うという事態がそれです。科学的な立場の人々が憂慮しているのはこのことで、そういう意味で彼らの主張も妥当でしょう。

ハーネマンの生きた時代、近代とは、科学が発達し専門化されはじめた時代でした。その近代化が完成をみた現代、科学や知識は高度に細分化され、私たちは自分の面倒すら自分で見られないという感覚を持っています。そんな現代において、ホメオパシーから学ぶべきこととは何でしょうか。それは、ハーネマンの陰謀を自覚した上で、あえて陰謀にはめられることです。それは、現代医療を盲目的に否定し、ホメオパシーに盲目的に従うこととは、相容れない態度なのではないでしょうか。

posted by: haripo | ホメオパシー | 16:45 | - | - |-