Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
Recommend
セクシァルヒーリング―愛の行動療法
セクシァルヒーリング―愛の行動療法 (JUGEMレビュー »)
アラン・P. ブロイアー,ドナ ブロイアー
妊娠するには、行為の質を深めることが役立つかもしれません。
Recommend
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操 (JUGEMレビュー »)
高岡 英夫, 三砂 ちづる
月経血を意志でコントロールして、トイレでまとめて排泄。
その方法論を学ぶテキストブック。
Recommend
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力 (JUGEMレビュー »)
三砂 ちづる
月経血はトイレで意志によって排泄。今から100年前まで行われていた女性の身体能力。
現代人でも練習すれば可能であり、可能になると生理前緊張症が改善したり、生理期間が3日程度で収まるなど、生殖器の機能が高まるとか。
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
妊娠しやすい体質へ

 鍼灸治療院である当院に、不妊治療で来院された方のほとんどにある共通項は低血圧です。
私は、血圧が正常、または高めの不妊症の方と接したことはほとんどありません。

産科を主体とする病院で、妊産婦さんの愁訴治療もしているので、そこで無作為に血圧を尋ねてみても、様々な血圧の方がまんべんなくいます。勿論、血圧の低い人も存在します。

ですから血圧が低いことが不妊の原因であると言うことではなく、血圧が低いような体質、あるいは体の常の設定状態の中に、妊娠しにくい条件が潜む可能性を強く考えています。

血圧が低いということで、鍼灸の立場からアプローチしやすい着眼点は自律神経です。
このブログでも過去に何度が取り上げていますが、本来はリラックスに働く「副交感神経」の働きが強すぎる事で、かえって新陳代謝が停滞しているケースが考えられのです。

通常、一般的な疾病のメカニズムは、常にアクセル全開で十分に肉体的、あるいは精神的に十分な休養がとれない期間が続き、疲労が蓄積して疾病が発生するというものです。
この場合は、鍼灸においても、自律神経を休養モードに切り替えることをテーマに施術を考えてゆきます。

しかし、不妊治療はそのような方針では、おそらくうまく行きません。
休養ではなく、むしろ活性化「活を入れる」ことが必要なのです。

不妊治療を専門におこなう他の鍼灸院のサイトにおいて、「心身をリラックスさせ子宮や卵巣の血行をよくする」というような表現が見受けられますが、私はその表現と方針に違和感を感じます。

自律神経の調整は、生活習慣の見直しによっても可能です。
基本的に「まったりと癒される!」などという場面は、この際、掃き捨てましょう。

まず、肉体的な負荷をかけましょう。運動でも良いし、家事なども身体をしっかり使い、心拍があがり発汗し、翌日わずかに筋肉痛があるくらいの使い方が必須だと思います。

妊娠しづらい体質を変えるには、生活習慣を変えること。>>>よりアクティブな方向性へ

posted by: haripo | 不妊症を考える | 16:51 | - | - |-