Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Recommend
Recommend
セクシァルヒーリング―愛の行動療法
セクシァルヒーリング―愛の行動療法 (JUGEMレビュー »)
アラン・P. ブロイアー,ドナ ブロイアー
妊娠するには、行為の質を深めることが役立つかもしれません。
Recommend
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操 (JUGEMレビュー »)
高岡 英夫, 三砂 ちづる
月経血を意志でコントロールして、トイレでまとめて排泄。
その方法論を学ぶテキストブック。
Recommend
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力 (JUGEMレビュー »)
三砂 ちづる
月経血はトイレで意志によって排泄。今から100年前まで行われていた女性の身体能力。
現代人でも練習すれば可能であり、可能になると生理前緊張症が改善したり、生理期間が3日程度で収まるなど、生殖器の機能が高まるとか。
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
放射能の影響を低減させたい

 原発が爆発したとき、私の妊娠への希望も失われた気がしたが、ここにきて放射能の濃度も下がり、どうにかやれそうな気がしてきた」

2010年4月6日 鍼灸不妊治療に訪れた、お二人の患者さんがほぼ同じ発言をしていました。

当然の事ながら今回、放射性物質が大きな関心事になっています。

今後、より関心をいだく必要があるのは、大気中の放射線の濃度より、農作物などへの影響の方でしょう。

市場に流通する農産物、海産物は、順次安全が確かめられた上で出荷されるでしょうが、中には基準値以下だが、通常値よりは高いというものが含まれる可能性があります。
あるレベル、食べることが避けられないことは想定しておく必要があります。

そもそも安全の範囲であると言われているわけですから、過剰な工夫は必要ないのかもしれませんが、それでも、食べた放射性物質の排泄を促したり影響を低減させる方法はないのでしょうか?

私が思うに(科学的な裏付けはありませんが)、まず排泄には玄米が有効な可能性があるのではないかと思います。

先のブログ記事でも、玄米が鉄などのミネラル排泄に作用し、貧血などを引き起こす可能性があるという事を書きましたが、この排泄作用を期待するものです。
原爆で被爆したある医師が、当時、対応として玄米食を推奨し、その患者さんは被爆による影響が極めてすくなかったというような話しを読んだことがあります。(真偽の程はわかりません)

また、放射能の身体影響を軽減する可能性のあるサプリがあります。
一例としてビール酵母です。

プレス発表
平成18年3月24日
独立行政法人 放射線医学総合研究所

ミネラル含有熱処理酵母に放射線防護効果を確認、被ばく後投与でも。放医研・体質研究会の研究チームがマウス実験で実証 放射線被ばく障害の治療剤に展開

http://www.nirs.go.jp/news/press/2005/03_24.shtml

posted by: haripo | 知識のお勉強 | 09:28 | - | - |-