Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Recommend
Recommend
セクシァルヒーリング―愛の行動療法
セクシァルヒーリング―愛の行動療法 (JUGEMレビュー »)
アラン・P. ブロイアー,ドナ ブロイアー
妊娠するには、行為の質を深めることが役立つかもしれません。
Recommend
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操 (JUGEMレビュー »)
高岡 英夫, 三砂 ちづる
月経血を意志でコントロールして、トイレでまとめて排泄。
その方法論を学ぶテキストブック。
Recommend
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力 (JUGEMレビュー »)
三砂 ちづる
月経血はトイレで意志によって排泄。今から100年前まで行われていた女性の身体能力。
現代人でも練習すれば可能であり、可能になると生理前緊張症が改善したり、生理期間が3日程度で収まるなど、生殖器の機能が高まるとか。
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
心身の恒常的な習慣を変える

大きな災害や、戦争などの後には出生率があがるという話があります。
本当かどうか、統計を調べたことはありませんが、あり得る話と思います。
当院においても先日、相次いでお二人の方から妊娠の報告がありました。

そのようなことがあるとすれば、それはおそらく、大きな災害に続く心身の緊張が、体へのインパクトになるのだと思います。

通常はそれを「ストレス」と呼んで、悪い負荷のように考えますが、不妊治療を受けているような方は、副交感神経亢進で身体機能が低下しているタイプが多数なので、特殊なストレスが適度な「活」を入れることにつながるのではないでしょうか。

また、重要なキーワードは「非日常」です。通常とは違う生活パターン。
以前、近親者の葬儀の後に妊娠する例が少なく無いという話しをしたことがありますが、これも葬儀期間の非日常が刺激になるのではないかと説明してきました。


さて、不妊治療していると、よく体質の話を質問されます。
「私の便秘は体質でしょうか?」という具合です。
この体質という言葉の定義そのものが曖昧なのですが、大半は体質というほどのものではないと考えます。

体質とまでは言えないもの。
私は、セッティング(恒常的な心身習慣)というものを体質以前に位置づけています。

ではそのセッティングとは何か。
説明のためにこれを「家」に喩えます。

「体質」とは家の立地や間取りみたいなものです。
立地や間取りで、およその居住性や使い勝手が決まります。
これを変えるには大がかりなアプローチが求められます。なかなか容易ではない作業でしょう。

一方のセッティングとは、家具の配置のようなものです。
これも使い勝手に大きく影響します。本来コーディネート自由なのですが、滅多に移動させることはありません。
しかし、何かの都合でこれを変えると、とても便利になったり、雰囲気が変わったりします。

非日常は、心身のセッティングを変えることに影響すると考えます。

起床時間、食事のパターン、行動のパターンなどが、強制的に変化せざるを得ない。
これが心身の恒常的な習慣を変化させる。
そういうことが起こるのではないでしょうか。

posted by: haripo | 不妊症を考える | 09:23 | - | - |-