Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
Recommend
Recommend
セクシァルヒーリング―愛の行動療法
セクシァルヒーリング―愛の行動療法 (JUGEMレビュー »)
アラン・P. ブロイアー,ドナ ブロイアー
妊娠するには、行為の質を深めることが役立つかもしれません。
Recommend
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操
女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操 (JUGEMレビュー »)
高岡 英夫, 三砂 ちづる
月経血を意志でコントロールして、トイレでまとめて排泄。
その方法論を学ぶテキストブック。
Recommend
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力
昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力 (JUGEMレビュー »)
三砂 ちづる
月経血はトイレで意志によって排泄。今から100年前まで行われていた女性の身体能力。
現代人でも練習すれば可能であり、可能になると生理前緊張症が改善したり、生理期間が3日程度で収まるなど、生殖器の機能が高まるとか。
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
時間医学

同じ薬を飲むにしても、時間帯によって効果が違う事がある。
時間医学なる分野は、そのようなことを突き詰めてゆく分野です。

そう言えば、私は漠然と不思議に思っていたことがありました。
それは、朝や昼にのむ酒です。

私の場合、夜に飲むのとは明らかに酔い方が違って感じる。
簡単に言えば、少量でもよく酔う感じなのですね。

その答えを時間医学に見つけることが出来ました。
それは「時間帯によって、アルコールの吸収速度が違う」と言うことなのらしいです。
日中の方がアルコールを素早く吸収する。だから酔いが早いのです。

自律神経や、様々なホルモンにはピークの時間帯があり、その時間になると、ある発作が多く起こったりする。
風邪の咳が昼より夜間にひどいとか、発熱はなぜか夕方以降の方が熱が上がるとか、喘息の発作が朝方起こるなどは、みな理由があるわけです。

さて、それによると、人の性ホルモンの多くは午前6時ごろに分泌のピークが来るらしい。
そういう事を考えると、何時に寝て、何時に起きるかといった基本的な生活も、ホルモンに影響はあると言えます。
そして、もっと突き詰めれば、もっとも受精が起こり易い時間帯というのがあるかも知れない。

おそらく、通常、多くの人はその営みを夜に行うと予想します。
ですが、これを朝や午前にしたら、本当に結果は同じなのだろうか!?

時間医学から、そんなことをふと思いました。

posted by: haripo | 知識のお勉強 | 09:09 | - | - |-